前へ
次へ

豆腐と納豆は漢字が逆ではないかと考える

大豆から作られるものとして豆腐と納豆があるでしょう。
納豆といえば独特の臭いがあり好き嫌いが激しい食べ物です。
好きな人でも独特の臭いが気になる人もいて、できるだけ早く口に入れたいと考えるかもしれません。
嫌いな人からすると腐っていると考えるようですが、納豆は発酵なので腐っているわけではありません。
一方大豆から豆乳を作ってそれを固めたのが豆腐になります。
豆腐は新しいものだと大豆の香りがするものもありとても腐っている状態には見えません。
しかしなぜか漢字の中に腐が含まれています。
そのことから漢字を充てるときに逆にしてしまったのではないかと考える人もいるようです。
豆腐は元々中国から伝わった食べ物で、唐府などの漢字が充てられている記述もあるようです。
この府は食べ物を保存する倉を意味し、その腐の字に変更されていったようです。
腐だけ見ると腐るの意味を想像しがちですが、元々は柔らかくて弾力のあるものを意味する言葉なので、豆腐にぴったりの漢字と言えるでしょう。

Page Top