前へ
次へ

熱いご飯に納豆は少しもったいない

日本の主食はご飯で、できれば炊きたての温かい状態のご飯を食べたいでしょう。
ご飯は通常はおかずと一緒に食べますが、沢山ご飯を食べたいときに役立つのがご飯のお供です。
味が濃く付けられているので、少しでもたくさんのご飯を食べることができます。
朝食などを食べるときにあるといいでしょう。
ご飯のお供の一つともいえるのが納豆でしょう。
関東地方に名産とされる地域があり、そのためか関東地方やそれより東の地域ではよく食べられています。
一方関西地方では苦手にしている人が多く、臭わないタイプの納豆が売られていたりします。
しっかりかき混ぜてアツアツのご飯にかけたら最高と言えるでしょう。
そんな納豆ですが、実はアツアツのご飯の上にかけて食べるのはもったいないとされています。
納豆を食べる目的としてまずは味を楽しむことが挙げられるでしょう。
もう一つは健康効果を期待してがあります。
納豆に含まれる健康にいい成分がアツアツのご飯の温度に弱いとされているので健康成分を得にくくなります。
少し冷ましたご飯なら問題ありません。

Page Top