前へ
次へ

結婚には食べるものの価値観が似た相手がいい理由

食事は毎日繰り返すことです。
しかも1日に3回あるので、これが合わないとたいへんなストレスになりがちです。
結婚相手と食べるものの趣味が合わず、食事の支度に神経を使うという事例もよく聞きます。
例えば「自分は魚が苦手なのに、相手は肉が食べられない」などだと、自分のために肉料理を用意し、相手には別の魚料理を用意しなければなりません。
手間もかかりますし、コストもかかります。
そのうちに相手へのいらだちが募ることもあるでしょう。
日本国内でさえ食文化の違いがあるので、別の国の人と国際結婚をする場合は十分に尊重し合う必要があります。
最初から食文化や食の好みが同じなら、余計な手間をかけなくて済みます。
ただこの場合だと献立が偏ってしまい、子どもの好き嫌いにも影響が出ることがあるかもしれません。
いちばん良いのは相手も自分も好き嫌いがなく、お互いの食文化を取り入れながら献立のバリエーションを広げていくことでしょう。

Page Top