前へ
次へ

もやしが傷みやすい理由を知っておく

比較的安くて栄養価が高い野菜として知られるのがもやしです。
野菜炒めに使ったりラーメンにトッピングしたりして食べるかもしれません。
学生などは自炊の時には必ず買った経験がある人もいるでしょう。
安くてお腹を満たすにはいい食材ですが、あまり日持ちがしないと言われているので注意が必要です。
もやしの原料はいくつかあり、大豆の他いくつかの豆類からつくられます。
もやしは豆から発芽した状態のものであり、葉っぱなどが出ていない成長の中でも初期の段階と言えるでしょう。
この状態は植物にとっては衝撃や周りの変化に影響しやすくなっていて、水などが無ければどんどん傷んでしまいます。
基本的にはもやしを長期保存するのは好ましくなく、消費期限が過ぎたなら廃棄して新しいものを買う方が良いでしょう。
特価品などを大量に買ってどうしても少しもたせたいならできるだけ冷たいところで保存しましょう。
冷蔵庫にチルド室があるならそちらに入れておくと多少もたせることができます。

Page Top